公益財団法人 京都産業21 京都次世代ものづくり産業 雇用創出プロジェクト

運営者
公益財団法人京都産業21
京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進センター

京都市下京区中堂寺南町134
京都府産業支援センター内
075-315-9061
受付時間:9:00~17:00
(土・日・祝日を除く)
メールでのお問い合わせ
公益財団法人 京都産業21

第13回 生活を豊かにするロボットビジネス研究会開催のご案内〈平成29年5月9日(火)〉
受付終了

(公財)京都産業21では、京都ライフサイエンスプロジェクト成長展開事業の一環として「生活を豊かにする

ロボットビジネス研究会」を設立し、定期的に研究会を開催しています。

 〔テーマ〕国産手術支援ロボットの普及課題と今後の展望

 

       「手術ロボット 画像 フリー」の画像検索結果   「手術支援ロボット 画像 フリー」の画像検索結果

   ※写真はイメージです

 

※ まずは、研究会に入会いただき、ご参加ください。(入会費・年会費無料)

研究会入会申込書&第13回研究会参加申込書

《申込締切日》 平成29年5月8日(月)正午

 

日 時 

  平成29年5月9日(火)  13:30~17:00 〈受付13:00~〉

 

会 場

  京都リサーチパーク 4号館 2F 「ルーム1」

 (京都市下京区中堂寺粟田町93)

 

はじめに

  ◆「研究会開催挨拶、本日のテーマ解説」

    松野 文俊 氏 

    京都大学大学院工学研究科教授/当研究会総合アドバイザー

    

講 演 

  ◆「国内における手術支援ロボットの導入・普及の経緯と展望」

    家入 里志  氏  

    鹿児島大学学術研究院 医歯学域医学系 小児外科学分野 教授

 

     講演の内容:米国で誕生した手術支援ロボット「ダビンチ」は世界市場をほぼ独占し、日本での導入台数
     では米国に次いで世界第2位だ。国内でのダビンチの治験は2000年から始まったが、医療機器承認に時間
     を要し9年後の2009年になってようやく臨床応用が可能となった。この間、国産の手術支援ロボットの開
     発は進んだものの、研究レベルで終了し、アカデミアからの基礎技術移転による製品化は極めて少ない。
     講演では、その原因やこの15年の導入・普及状況を振り返り、国内における手術支援ロボットの今後の展
     望を
外科医の視点から解説する。家入教授の専門分野である小児向けロボット手術普及への取り組みも紹
     介する。

 

  ◆「低侵襲外科手術用

         空気圧駆動ロボット『EMARO』早期実用化への道のり」   

       川嶋 健嗣  氏  

    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 バイオメカニクス 教授

 

                    講演の内容:2015年8月に発売された世界初の空気圧駆動型内視鏡ホルダーロボット「EMARO(エマロ)
       」の開発を主導したことで知られる川嶋教授。EMAROは、腹腔鏡下手術で内視鏡を操作するスコピスト
      (助手)の替わりに内視鏡を保持し、執刀医自身が頭に装着したジャイロやスイッチで内視鏡を操作できる
       次世代の手術支援ロボットだ。試作第1号は2013年に完成し、わずか3年以内という短期間で上市にこぎ
       けた。講演ではEMAROの事業化を通じて学んだことやベンチャー企業(リバーフィールド㈱)から事
業化
       に向けた課題(チームづくり、事業戦略、資金調達など)について紹介する。

      

               

パネルディスカッション  

    家入 里志 氏 ・  川嶋 健嗣 氏   

    松野 文俊 氏 

    前川 佳一 氏(京都大学大学院経営管理研究部特定准教授/当研究会ビジネスアドバイザー)  

    吉川 典子 氏(NPO医工連携推進機構客員研究員/当研究会サポーター)

    

ネットワーキング〈名刺交換会〉

 バンケットホール(京都リサーチパーク 4号館 地階)

 費 用 : 2,000円

バンケットホール

お問い合わせ先

公益財団法人京都産業21 新産業創出グループ 

京都ライフサイエンスプロジェクト成長展開事業 事務局

〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134

TEL:075-315-8563   FAX:075-314-4720

e-mail:life@ki21.jp