公益財団法人 京都産業21 京都次世代ものづくり産業 雇用創出プロジェクト

運営者
公益財団法人京都産業21
京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進センター

京都市下京区中堂寺南町134
京都府産業支援センター内
075-315-9061
受付時間:9:00~17:00
(土・日・祝日を除く)
メールでのお問い合わせ
公益財団法人 京都産業21

名作上映会&トークイベント
受付終了

京都クロスメディア推進戦略拠点(KCROP)は、一般社団法人日本映画テレビ技術協会と協働し、「名作上映会&トークイベント」を開催します。
上映作品は、松本清張の傑作ミステリーを、橋本忍と山田洋次の共同脚本により野村芳太郎監督が映画化し1974年に公開された作品で、国民的大ヒットと数々の映画賞を受賞した日本映画史に残る名作「砂の器」です。
今回の上映は、2005年に邦画で初めて4Kスキャニングによるデジタル修復を行い、音声もステレオ原盤から5.1chにミックスされているデジタルリマスター版のフィルム上映となりますので、作品の軸となる事件の解明と運命の悲劇が、日本の四季折々の美しい風景と交響曲「宿命」の演奏を織り交ぜながら、映画でしか描きえない迫力をもって描かれていく素晴らしさを存分に味わって頂けます。
また上映後は、日本映画テレビ技術協会会員で映画研究者の戸田桂氏とフィルム修復、デジタル修復など映像資産・映像文化の継承・保存に尽力されている株式会社IMAGICAの水戸遼平氏をお招きし、名作が生まれる制作過程や、昨今、カンヌでも名作の修復版上映が話題になっている修復に関するお話などのトークイベントを行います。
「砂の器」に感動した方、まだ見たことの無い方、制作や修復に関する専門家の話に興味のある方など多くの方のご参加をお待ちしております。

日時

平成28年9月10日(土) 13:30~17:00 (受付開始 13:00~)
上 映 会: 13:30~16:00    ゲストトーク: 16:00~17:00

 

会場

京都文化博物館 3Fフィルムシアター
京都市中京区三条高倉 (TEL.075-222-0888)

参加費

無料

定員

60名(事前申込制・先着順)

申し込み方法

WEB(http://crosskyoto.jp/event_list/20160910/)

概要

©1974年松竹株式会社・橋本ダクション

©1974年松竹株式会社・橋本プロダクション

【作品概要】
 「砂の器」
 監督:野村芳太郎
 原作:松本清張
 脚本:橋本忍、山田洋次
 出演者:丹波哲郎、森田健作、加藤剛、緒形拳、加藤嘉
 上映時間:2時間23分  / 劇場公開:1974年 / デジタルリマスター版:2005年
 製作:松竹株式会社、橋本プロダクション

 

主催

一般社団法人日本映画テレビ技術協会、京都クロスメディア推進戦略拠点(KCROP/クロップ)、京都府、京都市、
公益財団法人京都産業21、京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進協議会

参考

京都クロスメディア推進戦略拠点(KCROP/クロップ)
クリエイター・コンテンツ企業等のネットワーク組織「CrossKYOTO」会員のさらなる人材交流やビジネスマッチング,コンテンツ活用型ビジネスモデルの創出・事業化,商品開発・販路拡大等の支援事業を行うための拠点。当事業は厚生労働省の「戦略産業雇用創造プロジェクト」の採択を受け、京都府、京都市をはじめとする産学公・公労使の「オール京都」体制のもと、次世代のものづくり産業が必要とする人材の確保やイノベーションを支援することにより、質の高い、安定した雇用を創出することを目的とする「京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト」の「クール京都」分野の一事業。