公益財団法人 京都産業21 京都次世代ものづくり産業 雇用創出プロジェクト

運営者
公益財団法人京都産業21
京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進センター

京都市下京区中堂寺南町134
京都府産業支援センター内
075-315-9061
受付時間:9:00~17:00
(土・日・祝日を除く)
メールでのお問い合わせ
公益財団法人 京都産業21

映画字幕ワークショップ2018 ~字幕翻訳現場を体験できる 2Days入門ワークショップ~【2018年1月27日(土)・28日(日)】
受付中

2018_jimaku_seminar-01slide

 

映画の字幕制作について学べる入門者向けワークショップを開催いたします。

今年度で4年目となります「字幕ワークショップ2018」の開催が決定しました。ワークショップでは、翻訳者やディレクターを招いての実務や制作事例の紹介から、プロが使用している字幕制作ソフトウェアを実際に使っていただくなど、字幕翻訳の基礎から制作の実務まで幅広く学べる内容になります。

なお、本気で字幕翻訳者としてのキャリアを考えている方には「トライアルコース」をご用意しています。1次審査(書類)、2次審査(映像課題)に見事合格された方には、映画字幕ワークショップの講師・ホワイトラインの監修のもと、京都ヒストリカ国際映画祭でそれぞれ長編映画1本の字幕翻訳を行っていただきます。地方に暮らしながら、語学力を活かして映画の仕事をするキャリアづくりを応援します。
※トライアルコース詳細はこちらにてご確認ください。

日時

2018年1月27日(土)12:30~17:00(受付12:00 開始)
2018年1月28日(日)12:00~17:00(受付11:30 開始)

※2日間通しての参加が前提となります。

参加費

無料

定員

30名  ※先着順

概要

1日目(1/27) 「字幕翻訳・制作についての基礎講座」

▷ワークショップの概要について
▷現在の字幕制作環境~2006年以前以後の環境の変化について~
▷字幕制作の基礎について
 字幕制作のルールや翻訳の基本を説明
▷字幕翻訳者になるには?
 業界の現状もふまえ、「字幕翻訳者になるためには」というテーマで説明

2日目(1/28) 「字幕翻訳・制作についてのケーススタディ」

▷字幕ソフトウェアを用いた実演
 プロが使用しているソフトで、実際に題材映像に字幕をつけていただき制作フローを体験。細かな注意点やノウハウを学びます
▷字幕の現場紹介
 映画祭や連続ドラマなど劇場で公開される作品以外で使われる字幕について紹介
▷求められる翻訳者像/ 字幕の勉強法
 字幕ディレクターの目線から、現場で求められる字幕翻訳者としての資質や、オススメの字幕勉強法を紹介

※2日目の終了後には、自由参加で会費制(500 円程度)の1時間程の懇親会を予定しております。

翻訳言語

英語 → 日本語
※今回は英語(言語及び台本)から日本語への翻訳を基本とします。
※ワークショップは日本語で行います。

会場

(27日)Impact Hub Kyoto 3F(京都市上京区油小路中立売下ル甲斐守町97西陣産業創造會舘
(28日)京都文化博物館 別館2F会議室(京都市中京区三条高倉
※27,28日で会場が異なります。ご注意ください。

申し込み方法

WEB

※2日間通しての参加が前提となります。

締切

1月22日(月)

講師

設楽 光明 氏(ホワイトライン ディレクター)

岩橋 悟志 氏(ホワイトライン 字幕ディレクター)

古俣 智子 氏(株式会社フェイス 映像事業部)

 

お問い合わせ先

京都クロスメディア推進戦略拠点(KCROP)
 info@crossmedia.kyoto
TEL:075-417-0226 FAX:075-417-0229

 

主催

京都クロスメディア推進戦略拠点(KCROP)、京都府、
公益財団法人京都産業21、京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進協議会

協力

京都ヒストリカ国際映画祭実行委員会