公益財団法人 京都産業21 京都次世代ものづくり産業 雇用創出プロジェクト

運営者
公益財団法人京都産業21
京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進センター

京都市下京区中堂寺南町134
京都府産業支援センター内
075-315-9061
受付時間:9:00~17:00
(土・日・祝日を除く)
メールでのお問い合わせ
公益財団法人 京都産業21

製造部門(工場)管理責任者・管理責任者候補向け「製造現場実践講座」<全4回>【講座エッセンス報告】

 平成29年9月19日(火)~10月26日(木)まで、全4回4日間にわたり製造部門(工場)管理責任者・管理責任者候補向け「製造現場実践講座」を開催しました。

以下の通り報告します。

 

※平成30年度も同様の講座の開催を予定しております。
 受講者の募集は、7月頃の見込みです。

 

 チラシ 平成29年度「製造現場実践講座」

 

1.講座エッセンス報告

第1回

9月19日

製造現場における「稼ぐ力」とは

製造現場の責任者として、現場の「稼ぐ力」を高めるために押えておくべき観点、考え方を学びます。具体的には、生産の4要素(人、機械、材料、生産方法)を効率的に活用し、高い成果を生み出すための管理技術(原価管理/品質管理/工程管理)を現場に取り入れて、実践していくことです。こうした生産マネジメントの概念を確認し、計画と統制について考えていきます。

第2回

10月4日

工場見学を通じて「稼ぐ力」のポイントをつかむ

第1会合で学んだ内容が実際の現場でどのように展開されているか、工場見学による他社事例を見ながら、理解を深めていきます。特に管理者(現場や経営の責任者)として、「稼ぐ力」を高めるために活動の基準を高め、どのように現場で実践しているかの観点(勘所)を見ていきます。

第3回

10月11日

自社の製造現場の「稼ぐ力」を考える 

見学した内容を自社で活かすために、情報の整理・共有を図ります。そして製造現場に潜む本質的問題に眼を向け、その問題を解決する管理手法を具体的に学びます。同時に、解決の取り組みが部分最適に陥らないように、全体最適の視点を持つことの重要性も押さえていきます。

第4回

10月26日

「稼ぐ力」を持続していく組織づくりを目指す 

現場で活動を推進していくために重要な「メンバーの動機づけ」と「メンバー間のコミュニケーション」の強化方法を学びます。最後に、今回学んだ内容を踏まえて、製造現場の「稼ぐ力」の強化に向けた3ヵ年計画を策定・発表します。講師コメントや受講者間共有を行いながら、現場での実践イメージを掴みます。

 

2.講師

顯谷 敏也(あらやとしや) 氏

学校法人産業能率大学 総合研究所兼任講師

【略歴】 大手電機メーカーで情報システム部門、生産技術部門、工場革新プロジェクト、生産技術開発部門等で活躍。2012年4月 中小企業診断士として独立。

【最近の活動実績】 
   ■生産性改善:・IE手法を活用した工場の生産性向上指導、収支改善指導 
   ■工程レイアウト設計:生産シミュレーション、物流動線設計 等

【所属学会・資格】 中小企業診断士、ファイナンシャルプランナー、IE士(生産工学士)

 

3.お問い合わせ先

   〒600-8813京都市下京区中堂寺南町134 京都府産業支援センター内

   公益財団法人京都産業21

   商業・サービス支援部 経営支援・人材育成グループ 担当:坪内・吉田

   TEL:075-315-9090   FAX:075-315-9240

   e-mail : support@ki21.jp