公益財団法人 京都産業21 京都次世代ものづくり産業 雇用創出プロジェクト

運営者
公益財団法人京都産業21
京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進センター

京都市下京区中堂寺南町134
京都府産業支援センター内
075-315-9061
受付時間:9:00~17:00
(土・日・祝日を除く)
メールでのお問い合わせ
公益財団法人 京都産業21

「新しい価値の創出を目指し、自社の将来を考える講座」(全5回)【講座エッセンス報告】

 

平成28年8月31日(水)~12月7日(水)まで、全5回にわたり経営者・後継者候補、担当部門及び各業務の執行

責任者・候補者を対象に「新しい価値の創出を目指し、自社の将来を考える講座」を開催しました。

内外環境の変化を敏感にキャッチし、担当部門(業務)を超えた発想で、会社の売上や利益の拡大に寄与する事業展開

(戦略)を描いていくことが求められています。

事業を統括・執行する責任のある立場として、従来の自社のビジネスモデルを見つめ直し「自社の新しい価値

づくり」に目を向けることで「経営にインパクトを与える部門(業務)活動のあり方」を深く考えて、実践していく

ことを目指します。

 

各回のエッセンスを掲載しましたので下記にてご覧ください。

チラシ「平成28年度 新しい価値の創造を目指し、自社の将来を考える講座」

 

1.講座エッセンス報告

第1回

8月31日

 【事業環境の変化と経営活動に求められる「全体最適」】

“ものづくり”に影響を与える事業環境の変化を洞察し、自らが担う事業(業務)が果たすべき「全体最適と部分最適の考え方」を理解します。

第2回

9月26日

【「自社の現状」を把握/理解する】

新たな事業展開に必要なものや発想を、マーケティングの観点から考察します。更に、その観点で自社を見ることで “これからの強み”を明確にしていきます。

第3回

10月19日

【戦略の基本的方向性と自社の“デジタル化”】

AIやIoT時代における製造業のビジネスモデルとは何か、自社への影響はどういうものかを考えていきます。そして、「今後の事業展開」の方向性を考えていきます。

第4回

11月18日

 【今後の事業展開を具体化する①】

今後の事業展開にキーになる「イノベーション」について、その本質と必要性を考えます。そして、「自社の“次の一手”に足らないモノとは何か?」の考察を深めます。

第5回

12月7日

【今後の事業展開を具体化する②】 

「経営資源」の制約を超えて、事業展開の詳細化とブラッシュアップを図りながら、「今後の自社の新しい価値づくり」に向けたシナリオを作成、発表します。

 

2.講師

 安藤 紫(あんどう ゆかり) 氏

 学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 技術経営研究センター 主任研究員

【略歴】

 大学卒業後、広告代理店の企画営業を経て、大手電機メーカー系シンクタンクにてマーケティング戦略、事業戦略に

 関わるコンサルティング活動に従事。

 その後、大手電機メーカーにて情報システム再構築/導入支援を含む各種コンサルティング活動やIT系ベンチャー

 企業にて各種コンサルティング活動に従事。

 

3.お問い合わせ先

 公益財団法人京都産業21 商業・サービス支援部 経営支援・人材育成グループ

 〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134 京都府産業支援センター内

 TEL:075-315-9090   FAX:075-315-9240   e-mail : support@ki21.jp